ソーシャルフットボール関西大会2019

6月1日(土)

ソーシャルフットボール関西大会2019がアミティ舞洲で開催されました。

すでに全国大会の出場権を得ており、モチベーションが難しい部分もありましたが、昨年度の大会では優勝を逃しており関西奪還を目指していました。

予選
VS FCウエノ 5−0
VS INTERVALO大阪 0-0

1勝1分で予選を通過
2戦目はチーム結成以来不甲斐ない試合でした。
これは監督である自分の責任であり、そこは今後どうするのかを自分自身でもしっかりと振り返りながら、選手に迷惑をかけないようにしたいと思います。

決勝
VS おこしやす京都 1−2
終了間際に決勝点を決められ関西奪還とはなりませんでしたが、予選2戦目の難しい状況からリカバリーする力、どの選手が出場しても同じような状態で戦うことができるのは関西では群を抜いていることは間違いないなかったです。

9月までの約100日をどう準備するか、年頭に掲げたミッションを達成するために、選手構成を含めミーティングを行い選手、スタッフで共有したいと思います。

今回も多くの皆様に応援していただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です